コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尸童 よりまし

4件 の用語解説(尸童の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尸童
よりまし

憑坐,神子とも書く。依代 (よりしろ) となる人間のこと。子供である場合が多い。神意を伺おうとするときに,男女の幼童の上に神霊を招いて乗移らせ,神の依りますところとして,その託宣言わせるもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

尸童【よりまし】

神霊の依代(よりしろ)としての人間。依坐とも。清浄な生活をする童男・童女の場合が多く,祭礼の場合などは着飾って行列の中心となる。また,人形を馬に乗せて尸童とすることもある。
→関連項目神託

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

よりまし【尸童】

依坐とも書く。神霊が童子によりついた場合をいう。神霊が樹木や石などによりついたときには依代(よりしろ)という。神霊ではなく死霊がついた場合は尸者(ものまさ)と呼ばれる。神の意志は清純な童子の口をかりて託宣(たくせん)として示される。菅原道真の霊が近江比良の神主の7歳になる太郎丸についたのもその例である。また長野の諏訪大社では8歳の童子が御衣を身につけることで神がついたと《諏方大明神画詞》にみえている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尸童
よりまし

尸は「かたしろ(形代)」。祖先を祭るとき、神霊のかわりに立って祭りを受ける者。これには児童をもってあてられたので尸童と書く。よりましとよぶのは、神霊がその童子によりつくことからいう。憑人、依坐、託者、因童、依童などの用字例がある。よりましに立てられた童子に対して祈祷(きとう)を行うと、神霊がこれにのりうつって託宣をする。古代の祭りはこの尸童が主体であった。伊勢(いせ)の斎王(いつきのみこ)は大和(やまと)朝廷がたてたよりましであった。[菟田俊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尸童の関連キーワード依代降鑒巴布不稽大童子取付く依り代寄坐座敷童子制吒迦童子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone