コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高向公輔 たかむこの きみすけ

1件 の用語解説(高向公輔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高向公輔 たかむこの-きみすけ

817-880 平安時代前期の僧,官吏。
弘仁(こうにん)8年生まれ。延暦(えんりゃく)寺の阿闍梨(あじゃり)。仁寿(にんじゅ)年間東宮(とうぐう)(のちの清和(せいわ)天皇)につかえていたとき,乳母との私通が露見,太政大臣藤原良房(よしふさ)により還俗(げんぞく)させられた。中宮大進(ちゅうぐうのたいしん),式部少輔(しきぶのしょう),次侍従を歴任。従四位下。元慶(がんぎょう)4年10月19日死去。64歳。初名は桑田麻呂。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高向公輔の関連キーワード離縁アブー・ダーウードフェムト外車船バスク地方とETA湘江ネボ山特別養子ヒ(砒)素朝原内親王

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone