コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清和 せいわ

4件 の用語解説(清和の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清和
せいわ

熊本県東部,山都町中部の旧村域。阿蘇外輪山 (→阿蘇山 ) 南斜面および九州山地北斜面に位置する。東部と南部で宮崎県に接する。 1956年朝日村と小峰村が合体して清和村が発足。 2005年蘇陽町,矢部町と合体し山都町となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せい‐わ【清和】

[名・形動]
空が晴れていてのどかなこと。また、そのさま。転じて、そのような季節。春。
「気候―にして」〈新聞雑誌五八〉
「今こそ溢れぬ―の光」〈横山芳介・都ぞ弥生〉
陰暦4月1日の異称。また、陰暦4月の異称。 夏》
世の中がよく治まっていて穏やかなこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せいわ【清和】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
空が晴れて気候が穏やかな・こと(さま)。 「日本は気候-にして/新聞雑誌 58
陰暦四月一日、また四月の異名。 「 -の天雲なく晴れて/父の終焉日記」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清和
せいわ

熊本県中東部、上益城(かみましき)郡にあった旧村名(清和村(そん))。2005年(平成17)矢部(やべ)町、阿蘇(あそ)郡蘇陽(そよう)町と合併し山都(やまと)町となった。現在は山都町の中央部を占める。地名は、当地出身の陸軍大将林仙之(なりゆき)の額書「政清人和」に由来する。旧村域の北部は阿蘇溶結凝灰岩の火山山地、中央部は阿蘇溶結凝灰岩の丘陵・台地、南部は九州山地北部からなり、東境は緑川水系と五ヶ瀬(ごかせ)川水系のほぼ分水界にあたる。約50%の第一次産業就業者率は、米作を基調に畜産(肉牛・酪農)を加味した在来型の農業に、新たに導入されたキャベツ、トマト、クリ、シイタケなどの栽培強化によって維持されている。国道218号が村央を東西に走る。緑仙峡があるほか、大平には徳島系統の清和文楽(ぶんらく)人形芝居(県重要無形文化財)が住民の手によって保存されている。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清和の関連キーワード麗らか気が晴れる心が晴れる清朗念が晴れる長閑のどのど晴れやか夕晴雪晴

清和の関連情報