高土間(読み)たかどま

精選版 日本国語大辞典の解説

たか‐どま【高土間】

〘名〙 歌舞伎劇場の観客席が桝(ます)形式であったときの客席の一つ。東西桟敷の前通りの土間より一段高くなった所。
※滑稽本・戯場粋言幕の外(1806)上「モウ高土間(タカドマ)が七八と下る位だから」
※初すがた(1900)〈小杉天外〉二「高土間の真中程位に、其の夫らしい髭のある男と並んでゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の高土間の言及

【土間】より

…枡の広さは時代により違いがあるが,84年(天明4)の分検帳によれば4尺8寸(約1.45m)×5尺で,7人詰を原則とした。1802年(享和2)秋,中村座改築のおり,下桟敷の前に土間よりも一段高い〈高(たか)土間〉(二重土間)が作られ,これに対して従来の土間を〈平(ひら)土間〉〈平場(ひらば)〉と称し,高土間をより高級席として区別した。土間の料金は1772年(明和9)8月で1間金1分1朱(18匁5分5厘=1200文。…

※「高土間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android