コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高塚太郎平 たかつか たろへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高塚太郎平 たかつか-たろへい

1845-1898 明治時代の公共事業家。
弘化(こうか)2年生まれ。遠江(とおとうみ)(静岡県)磐田郡向笠(むかさ)村の人。明治3年戸長となったが,3年で解職。その後原野谷(はらのや)川から笠井(浜松市)に通じる道路の開削を計画し,私財を投じて,途中までの太郎平新道をひらいた。明治31年死去。54歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高塚太郎平の関連キーワード明治時代弘化

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android