コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高奇峰 こうきほうGāo Qí fēng

世界大百科事典 第2版の解説

こうきほう【高奇峰 Gāo Qí fēng】

1889‐1933
中国,現代の画家。名は嵡,奇峰は字,号は天風楼。広東省番禺の人。高剣父の弟で兄弟そろって嶺南派の代表者となる。17歳のとき兄に従って日本に留学し日本の絵画を学んで帰国後,上海に審美書館をおこして画報を出版した。彼の芸術は豊かな才能にたゆまぬ努力を重ね,六法の源流を探求し,西洋画における色彩学と光学の理論を中国画に取り入れ,重厚な筆勢と気迫に満ちた作風であった。広東工業専門学校で工業美術を講義した。【遠藤 光一

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

高奇峰の関連キーワード斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイ森鴎外[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android