コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高剣父 こう けんふ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高剣父 こう-けんふ

1879-1951 中国の画家。
光緒5年生まれ。広東の居廉にまなんだのち日本に留学し,白馬会太平洋画会で洋画をまなんだ。帰国後,辛亥(しんがい)革命運動にくわわる。新文人画をとなえた嶺南画派の第一人者。弟の奇峰と剣僧も画家。享年73歳。広東省出身。嶺南大卒。名は崙。字(あざな)は鵲庭。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうけんふ【高剣父 Gāo Jiàn fù】

1879‐1951
中国現代の画家。名は崙,字は爵庭,剣父は号。広東省番禺県の人。嶺南派の父といわれる。嶺南大学卒業後,居廉(きよれん)(広東の画家)について画を学び,山水花鳥画に秀でた。日本に留学して白馬会や太平洋画会に入って日本の洋画を研究した。伝統の中国画新進の日本洋画との融合をはかり,新文人画を提唱した。沈深蒼勁な筆勢によって近代的リアリズム絵画を樹立し,嶺南派の領袖となった。乾筆と枯墨による書作は流麗な中に枯淡の味をかもしだしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

高剣父の関連キーワード高奇峰

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高剣父の関連情報