コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高山宗砌 たかやま そうぜい

7件 の用語解説(高山宗砌の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

高山宗砌

連歌師。名は時重。朝山梵燈庵・正徹に師事。京都の連歌界の中心的位置を占める。北野社連歌会所奉行兼宗匠職に任ぜられた。康正元年(1455)歿。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たかやま‐そうぜい【高山宗砌】

宗砌(そうぜい)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

高山宗砌【たかやまそうぜい】

宗砌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高山宗砌 たかやま-そうぜい

?-1455 室町時代の連歌師。
山名持豊の家臣。和歌を清巌正徹(せいがん-しょうてつ)に,連歌を朝山梵灯庵(ぼんとうあん)にまなぶ。北野社連歌会所奉行兼宗匠職に任じられ,一条兼良(かねら)とともに連歌式目「新式今案(こんあん)」の編成にあたった。享徳4年1月16日死去。俗名は時重。著作に「古今連談集」,句集に「宗砌句集」など。
【格言など】世の中にひまある身こそ悲しけれ(「兼載雑談」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高山宗砌

没年:康正1.1.16(1455.2.2)
生年:生年不詳
室町時代の連歌師。俗名,高山民部少輔時重。但馬国(兵庫県)守護山名氏の家臣。和歌,『源氏物語』を清巌正徹に,連歌を梵灯庵に学ぶ。永享5(1433)年室町幕府将軍足利義教興行の北野万句に出座,また山名持豊,正徹らと歌会を催した。以後しだいに連歌界の中心的存在となり,文安2(1445)年の『文安月千句』『文安雪千句』にも加わった。同5年北野連歌会所奉行,宗匠職に就任し,一条兼良連歌式目の改訂に取り組み,また諸人の求めに応じて自己の句集を編むなど,活動の幅を広げたが,享徳3(1454)年持豊が政変で但馬に隠棲したのに従い,奉行を辞して下国,翌年その地に没した。句集に『宗砌句集』『救済宗砌百番連歌合』,連歌論に『古今連談集』『初心求詠集』などがある。<参考文献>金子金治郎『新撰菟玖波集の研究』,木藤才蔵『連歌史論考』上

(沢井耐三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たかやまそうぜい【高山宗砌】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高山宗砌
たかやまそうぜい

宗砌」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高山宗砌の言及

【宗砌】より

…室町中期の連歌師。山名時熙(ときひろ)・持豊(宗全)の家臣。俗名は高山民部少輔時重。連歌を梵灯庵主に学ぶ。1433年(永享5)《北野社万句》に参加,48年(文安5)北野連歌会所宗匠となり,連歌界を指導。山名持豊に従い但馬に下向し,翌年同国で没した。享年70歳前後。《新撰菟玖波集(つくばしゆう)》中,心敬についで第2位の入集句数をもつ。宗祇(そうぎ)を教え,後年の連歌黄金時代に影響を与えた。連歌論書に《密伝抄》(1455)などがある。…

※「高山宗砌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高山宗砌の関連キーワード紹九宗砌梵灯恵俊行助浄信信永宗伊忍誓持政

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone