コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝山梵灯庵 あさやま ぼんとうあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝山梵灯庵 あさやま-ぼんとうあん

1349-? 南北朝-室町時代の連歌師。
貞和(じょうわ)5=正平(しょうへい)4年生まれ。出雲(いずも)(島根県)の地頭。和歌を冷泉(れいぜい)為秀に,連歌を二条良基(よしもと)にまなぶ。足利義満につかえ,のち出家して各地を遍歴。60歳前後で京都にもどった。応永34年(1427)79歳で没したとする説がある。名は師綱(もろつな)。自撰付句集に「梵灯連歌合十五番」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の朝山梵灯庵の言及

【梵灯庵主】より

…俗名は朝山師綱(もろつな)。朝山梵灯庵ともいう。歴代足利氏の家臣。…

※「朝山梵灯庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朝山梵灯庵の関連キーワード朝山師綱真下満広高山宗砌梵灯庵主室町時代南北朝梵灯庵連歌師持政貞和信永