コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高山畏斎 たかやま いさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高山畏斎 たかやま-いさい

1727-1784 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)12年3月18日生まれ。筑後(福岡県)上妻郡の農民で学問をこのみ,30歳で留守希斎(るす-きさい)に入門。帰郷後塾をひらいて郷民におしえる。天明3年筑後久留米(くるめ)藩主有馬頼徸(よりゆき)にまねかれ,藩士子弟に講義した。天明4年7月17日死去。58歳。名は一之。通称は可三郎,金二郎。著作に「論君臣称謂論」「五行始生考」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高山畏斎の関連キーワード享保儒者

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android