コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高岡直吉 たかおか ただよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高岡直吉 たかおか-ただよし

1860-1942 明治-昭和時代前期の官僚。
安政7年1月22日生まれ。高岡熊雄の兄。北海道庁勤務ののち,宮崎,島根,鹿児島各県の知事,門司市長をへて,大正12年初代札幌市長。電車の市営化など,都市基盤の整備をすすめた。昭和17年9月1日死去。83歳。石見(いわみ)(島根県)出身。札幌農学校(現北大)卒。名は「なおきち」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高岡直吉の関連キーワードレジスタンス文学森一生ガダルカナルの戦い国際オリンピック委員会東条英機内閣リーン万延第二帝政ラトビア第2次世界大戦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android