コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高島北海 たかしま ほっかい

美術人名辞典の解説

高島北海

日本画家山口県生。名は得三。地質学植物学を学び、農商務省山林局に勤めた。画は初め独学で、のち大庭学僊に学ぶ。植物学の深い造詣を基礎とし、南画に写生を加えた清新な山岳画を描いた。日本美術協会幹事。文展審査員。昭和6年(1931)歿、82才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高島北海

山岳風景画で知られる明治~昭和初期の日本画家。絵は独学で学んだ。明治政府の技術官僚として地質調査や山林行政に20年以上携わり、山岳のスケッチを数多く残した。仏ナンシーの森林高等学校に留学中、植物や曲線を多用した装飾で知られるアールヌーボー芸術家と交流。50代で本格的に画業生計を立てるようになった。長門峡名付け親でもあり、県内各地の名勝の保存・開発に尽力した。

(2011-11-25 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高島北海 たかしま-ほっかい

1850-1931 明治-大正時代の日本画家。
嘉永(かえい)3年9月26日生まれ。幼少より絵を独学。フランスのナンシー森林高等学校に留学し,帰国後林務官となるが,明治32年退官。山岳画家となり東京勧業博などで受賞。文展審査員をつとめた。昭和6年1月10日死去。82歳。長門(ながと)(山口県)出身。本名は得三。作品に画冊「北海山水百種」など,著作に「写山要訣」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高島北海

没年:昭和6.1.10(1931)
生年:嘉永3.9.26(1850.10.31)
明治大正期の地質学者,画家。長門国萩(萩市)江向村に藩医良台の次男として生まれた。本名得三。北海は号。明治5(1872)年工部省に勤め,生野銀山に赴任し,フランス人技師コワニェから地質学とフランス語を学ぶ。7年に『山口県地質図説』『山口県地質分色図』を著す。日本人独自作成の最初の地質図であった。17年万国森林博覧会参加要員として渡英,その後,命じられて南仏ナンシー山林学校へ留学した。ナンシーで日本画法を紹介,ガレその他に影響を与え,アールヌーボー運動を刺激した。21年帰国し農商務省技師を務めたが,画家に転じ,米国や中国へ写生旅行に出,文展審査員にもなる。日本では顕彰されていないが,フランスでは業績が高く評価されている。

(石山洋)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

高島北海の関連キーワード下関市立美術館小室 翠雲高島 愛子望月 金鳳大正時代小室翠雲藤田隆治田中壌没年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android