コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高崎泰策 たかさき たいさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高崎泰策 たかさき-たいさく

1839-1907 幕末-明治時代の囲碁棋士。
天保(てんぽう)10年生まれ。8歳から囲碁をまなび,嘉永(かえい)5年美濃(みの)(岐阜県)大垣の藤田馨斎(けいさい)の寄宿生となって修業,安政2年初段。明治12年方円社の社員となり,16年5段。32年高橋杵三郎に勝って6段をゆるされた。明治40年10月9日死去。69歳。美濃出身。初名は泰之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高崎泰策の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android