コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高帝 こうていKāo dì

世界大百科事典 第2版の解説

こうてい【高帝 Kāo dì】

427‐482
中国,南朝南の創立者。在位479‐482年。姓名は蕭道成廟号太祖。本来は蘭陵郡の人で蕭何の24世孫と称する。永嘉の乱で晋陵郡武進県(江蘇省)に南渡した寒門の出身。武帝の外戚蕭思話と同族で,その配下で蛮族討伐などに活躍して頭角をあらわし,467年(泰始3),対北魏前線基地の淮陰(わいいん)(安徽省)に出鎮すると,その地方の豪族を結集して大軍閥に成長した。名族褚淵の推薦で禁衛軍を掌して国政に参じ,2度の皇族反乱を平定して王朝第一の実力者の地位を固めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

高帝の関連キーワード謀を帷幄の中に運らし勝つことを千里の外に決す斉(中国の王朝(479~502))宋(中国、南朝(420~479))武帝(中国、南斉)口なお乳臭し太祖[斉]置酒高会枚を銜む陶弘景内舎人升遐永嘉秋毫

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android