コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永嘉の乱 えいかのらんYong-jia zhi luan; Yung-chia chih luan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永嘉の乱
えいかのらん
Yong-jia zhi luan; Yung-chia chih luan

中国,西晋 (→) 末期,五胡の一つである匈奴華北を主舞台として起した動乱。永嘉は西晋の懐帝の年号 (307~313) 。恵帝のとき晋宗室の八王の乱により農民の疲弊,流亡がはなはだしく,西晋の国家権力も衰退した。この機会に山西省一帯にいた匈奴が立上がった。その首長劉淵は次第に勢力を増し,永嘉2 (308) 年にはみずから皇帝となった。淵の死後その子聡が立ったが,聡は懐帝を平陽に移してこれを殺した。この乱によって西晋朝は事実上滅亡し,五胡の華北支配,江南における東晋朝出現の道が開かれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

永嘉の乱【えいかのらん】

中国,西晋の末永嘉年間(307年―312年)に起こった匈奴(きょうど)による乱。後漢末以来匈奴の華北移住が行われていたが,八王の乱に乗じて304年劉淵が自立し,その子劉聡は311年に西晋の都洛陽を攻略,その部下石勒も河南,山東で晋軍を破り,316年西晋の愍帝は劉曜に降伏して西晋が滅び,翌年江南に東晋が建国することになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えいかのらん【永嘉の乱】

中国,西晋懐帝の永嘉年間(307‐312)に起こった匈奴族中心の動乱。漢以来,華北に移住していた匈奴,羌(きよう),鮮卑などの異民族は漢人の収奪に苦しんだが,八王の乱を機に自立をはかった。匈奴の劉淵は304年(元熙1)平陽(山西省)に漢(のちの前)を建国,その子劉聡は,311年懐帝を洛陽に,ついで316年愍(びん)帝を長安に捕らえ,西は滅びた。かくて晋室は南渡し(東晋),華北は五胡十六国時代に入って南北の対立がはじまった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えいかのらん【永嘉の乱】

中国、永嘉年間(307~312)匈奴きようどの首長劉淵りゆうえんが、羯けつ族や漢人の流民を糾合して洛陽らくようを陥れ、西晋せいしんを滅ぼした乱。以後、華北は遊牧民族の支配下に入り、五胡十六国時代が始まる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永嘉の乱
えいかのらん

中国、晋(しん)(西晋)末の永嘉年間(307~313)に起こった乱。300年に始まった八王の乱は、華北を大混乱に陥れ、晋朝統治下で圧迫されていた異民族に独立の機会を与えた。そのなかでもっとも早く活動したのは匈奴(きょうど)族であり、劉淵(りゅうえん)が304年に漢(前趙(ぜんちょう))国を建てると、山西を根拠に河南・山東方面を攻略、311年には晋の都洛陽(らくよう)を落として懐帝を捕らえ、破壊略奪をほしいままにした。翌々年懐帝が殺されると、愍(びん)帝が長安で即位したがもはや力なく、西晋は洛陽陥落をもって実質的に滅亡したといえる。316年愍帝が漢の劉曜(りゅうよう)に降(くだ)って翌年殺されると、司馬睿(しばえい)が建康に晋(東晋)を復興し、以後は北に五胡(ごこ)の諸国、南に東晋という政治的分裂の時代が続く。[窪添慶文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

永嘉の乱の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)僑郡・僑県遊牧民族慕容廆客家流民土断武帝高帝王衍

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android