コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高平真藤 たかひら まふじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高平真藤 たかひら-まふじ

1831-1895 幕末-明治時代の国学者。
天保(てんぽう)2年生まれ。陸奥(むつ)一関(いちのせき)藩(岩手県)藩士。はじめ佐々木親覧(ちかみ)に歌学を,のち江戸で前田夏蔭(なつかげ)に国学をまなぶ。維新後藩校教成寮国学頭となるが,明治4年廃藩で閉校となり,東京書籍館(帝国図書館の前身)につとめた。明治28年11月16日死去。65歳。名は清敏。号は虚甕,岡の舎。著作に「平泉志」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高平真藤の関連キーワード高平 小五郎高平小五郎明治時代国学者天保

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android