コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前田夏蔭 まえだ なつかげ

美術人名辞典の解説

前田夏蔭

幕末の国学者。江戸生。通称は健助、鶯園と号する。清水浜臣に学び、考証・歌学に長じた。幕府に仕えて勘定格となり、『蝦夷志料』を編集した。元治元年(1864)歿、72才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まえだ‐なつかげ〔まへだ‐〕【前田夏蔭】

[1793~1864]江戸後期の国学者。江戸の人。通称、健助。号、鶯園。清水浜臣に国学を学ぶ。「蝦夷志料」を編集するが完成を見ずに没。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前田夏蔭 まえだ-なつかげ

1793-1864 江戸時代後期の国学者。
寛政5年生まれ。清水浜臣(はまおみ)の門下で,考証学,和歌にすぐれた。安政元年幕府につかえ,翌年から「蝦夷(えぞ)志料」の編修にたずさわる。元治(げんじ)元年8月26日死去。72歳。なお「蝦夷志料」は,子の夏繁らによって慶応元年完成。江戸出身。初名は垂穂。通称は健助。号は鶯園。著作に「蝦夷東西考証」「鶯園歌集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まえだなつかげ【前田夏蔭】

1793~1864) 江戸末期の国学者。江戸の人。清水浜臣に師事。徳川慶喜に国学を講じた。「蝦夷えぞ志料」編集の命を受けるが、業半ばにして没した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前田夏蔭
まえだなつかげ

[生]寛政5(1793).江戸
[没]元治1(1864).8.26.
江戸時代末期の国学者。通称は健助。号は鶯園。清水浜臣に師事し国学を修め,水戸の徳川斉昭の信任を受け『大日本史』編集に参加。のち幕命を受けて地誌『蝦夷志料』 (1865) を編集した。主著『稲荷神社考』 (36) ,『万葉集私記』 (29) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前田夏蔭
まえだなつかげ
(1793―1864)

江戸後期の国学者。寛政(かんせい)5年江戸に生まれる。通称健助。夏蔭、鶯園、無穂と号した。清水浜臣(はまおみ)に国学を学び、歌学をよくしたほか、『大日本史』の編集に加わり、また「嘉永(かえい)七年二月末」の跋文(ばつぶん)をもつ『蝦夷(えぞ)東西考証』二巻を著した。1854年(安政1)幕府に仕え、蝦夷地取調御用を申しつけられ、『蝦夷志料』(『千島志料』ともいう)の編集に着手した。『蝦夷志料』は夏蔭の手で60年(万延1)にひとまず脱稿、その後を子息の前田健次郎(夏繁(なつしげ))が引き継ぎ、65年(慶応1)に完成した。全210巻からなる蝦夷関係の一大資料集である。夏蔭は、その完成をみることなく元治(げんじ)元年8月26日に没した。『稲荷(いなり)神社考』『万葉集私記』など多数の著作がある。[小林真人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

前田夏蔭の関連キーワード高平真藤川路高子春山弟彦徳川慶喜前田香雪松木直秀渡辺真楫前田義子伊東祐命関守雄前田

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android