コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高松宮宣仁 たかまつのみやのぶひと

2件 の用語解説(高松宮宣仁の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

高松宮宣仁【たかまつのみやのぶひと】

大正天皇第3皇子。幼称光宮(てるのみや)。有栖川宮家の家督を継ぎ,1913年宮家を創立。1930年徳川喜久子と結婚。海軍に籍を置き,敗戦時海軍大佐。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高松宮宣仁
たかまつのみやのぶひと
(1905―1987)

皇族。大正天皇第三皇子。光宮(てるのみや)と称したが、1913年(大正2)高松宮の号を受け有栖川(ありすがわ)宮の祭祀(さいし)を継いだ。24年海軍兵学校卒業。30年(昭和5)徳川慶久(よしひさ)の次女喜久子(きくこ)と結婚、その後1年余のヨーロッパ訪問をする。海軍大学校卒業後、軍令部畑を歩き、42年大佐となる。太平洋戦争末期、国体護持による和平工作に尽力、細川護貞(もりさだ)(元第二次近衛(このえ)内閣首相秘書官)の収集した情報を天皇に伝える役割を果たした。細川の『情報天皇に達せず』(のち『細川日記』と改題)はその間の事情を記したものである。戦後は皇室会議議員、国際文化振興会総裁などを務める。[小田部雄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高松宮宣仁の関連キーワード有栖川宮職仁親王軽皇子高松宮秩父宮三笠宮三笠宮崇仁高松宮宣仁親王玉光宮秩父宮雍仁親王伏屋美濃

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高松宮宣仁の関連情報