コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高松宮宣仁 たかまつのみやのぶひと

2件 の用語解説(高松宮宣仁の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

高松宮宣仁【たかまつのみやのぶひと】

大正天皇第3皇子。幼称光宮(てるのみや)。有栖川宮家の家督を継ぎ,1913年宮家を創立。1930年徳川喜久子と結婚。海軍に籍を置き,敗戦時海軍大佐。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高松宮宣仁
たかまつのみやのぶひと
(1905―1987)

皇族。大正天皇第三皇子。光宮(てるのみや)と称したが、1913年(大正2)高松宮の号を受け有栖川(ありすがわ)宮の祭祀(さいし)を継いだ。24年海軍兵学校卒業。30年(昭和5)徳川慶久(よしひさ)の次女喜久子(きくこ)と結婚、その後1年余のヨーロッパ訪問をする。海軍大学校卒業後、軍令部畑を歩き、42年大佐となる。太平洋戦争末期、国体護持による和平工作に尽力、細川護貞(もりさだ)(元第二次近衛(このえ)内閣首相秘書官)の収集した情報を天皇に伝える役割を果たした。細川の『情報天皇に達せず』(のち『細川日記』と改題)はその間の事情を記したものである。戦後は皇室会議議員、国際文化振興会総裁などを務める。[小田部雄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高松宮宣仁の関連情報