コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高桑義生 たかくわ ぎせい

美術人名辞典の解説

高桑義生

小説家。本名義孝、別称加住松花。土岐善麿に師事。新小説等の編集記者を経て日活京都撮影所脚本部長となり、そのかたわら創作の筆をとる。『嵯峨野俳句会』主宰。『お庭拝見』『嵯峨野』ペン画集『嵯峨野百景』等の著書がある。昭和56年(1981)歿、87才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高桑義生 たかくわ-ぎせい

1894-1981 大正-昭和時代の小説家,俳人。
明治27年8月29日生まれ。土岐善麿(とき-ぜんまろ)に生活派短歌をまなぶ。時代小説をかいた時期をへて,昭和12年日活京都撮影所脚本部長。戦後の48年から嵯峨野(さがの)俳句会を主宰。小説「快侠七人組」,句集「嵯峨の土」,ペン画集「嵯峨野百景」(文)などがある。昭和56年7月1日死去。86歳。東京出身。京北中学卒。本名は義孝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高桑義生の関連キーワード高桑 義生昭和時代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android