満腹(読み)マンプク

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
腹がいっぱいになること。飽腹(ほうふく)。「満腹するまで食べる」「満腹感」⇔空腹
多く、「満腹の」の形で、心からの、満身の、などの意を表す。「満腹敬意を表する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
腹がいっぱいになること。それ以上食べられないほど腹がいっぱいであること。 ⇔ 空腹 たくさん食べて-する -感
腹にある全部。多く「満腹の」の形で、全面的・心から、などの意で用いる。 -の敬意と、謝意とを表し申し候ふ/東西南北 鉄幹

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)
① 腹が満ちて飽き足りること。腹がいっぱいになること。また、そのさま。
※中華若木詩抄(1520頃)下「飯を、思やうに、くわせて、満腹した也」 〔荘子‐逍遙遊〕
② 多く、「満腹の」の形で、全面的な、心からの、などの意で用いる。からだ全体。満身。満腔。
※東西南北(1896)〈与謝野鉄幹〉自序「満腹の敬意と、謝意とを表し申し候ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

満腹の関連情報