コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋一庵 たかはし いちあん

1件 の用語解説(高橋一庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋一庵 たかはし-いちあん

1794-1838 江戸時代後期の儒者。
寛政6年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩の藩医の家に生まれる。江戸で亀田鵬斎(ほうさい)に儒学をまなぶ。のち上総(かずさ)(千葉県)東金で子弟におしえた。天保(てんぽう)9年7月17日死去。45歳。名は群。字(あざな)は仁輔。別号に逸庵,復然堂逸士,太痩生。著作に「敬業堂詩文集」「南総十記」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高橋一庵の関連キーワード葛飾北斎東洲斎写楽銃創瑣言東洲斎写楽江馬蘭斎岸沢式佐(5代)メチニコフアフガン戦争学級グリムケ(姉妹)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone