高橋坦室(読み)たかはし たんしつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋坦室 たかはし-たんしつ

1771-1823 江戸時代後期の儒者。
明和8年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。長久保赤水にまなび,藤田幽谷とともに両才子といわれる。天明6年彰考館にはいり「大日本史編修に従事するが,幽谷とともに立原翠軒とその一門と対立する。文化4年彰考館総裁。文政6年5月21日死去。53歳。名は広備。字(あざな)は子大。通称は又一郎。著作に「銀海波瀾」「正道訓」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android