コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋宗恒 たかはし むねつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋宗恒 たかはし-むねつね

1640-1707* 江戸時代前期の公家(くげ),有職(ゆうそく)家。
寛永17年11月1日生まれ。朝廷の食膳をつかさどる御厨子所預(みずしどころあずかり)の家職を9歳でつぐ。宮中や公家冠婚葬祭などの儀式に参与し,有職第一人者と称された。宝永3年12月24日死去。67歳。初名幸治。著作に「大嘗会(だいじょうえ)神饌記」「鶴庖丁次第」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高橋宗恒の関連キーワード野宮定基高橋親宗紀宗恒耳搔き

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android