コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋淡路女 たかはし あわじじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋淡路女 たかはし-あわじじょ

1890-1955 大正-昭和時代の俳人。
明治23年9月19日生まれ。「ホトトギス」をへて,大正14年から飯田蛇笏(だこつ)に師事し,「雲母(うんも)」同人。阿部みどり女の「駒草」にも参加した。昭和30年3月13日死去。64歳。兵庫県出身。上野女学校卒。旧姓は織田。本名はすみ。初号はすみ女。句集に「梶の葉」「淡路女百句」など。
【格言など】こんこんと親子の眠り貘枕(ばくまくら)(「淡路女百句」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高橋淡路女の関連キーワード稗蒔き都忘れ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android