伊予灘(読み)いよなだ

日本大百科全書(ニッポニカ)「伊予灘」の解説

伊予灘
いよなだ

瀬戸内海七灘(なだ)の一つ。北は防予(ほうよ)諸島、南は佐田岬(さだみさき)半島、西は周防(すおう)灘によってくぎられる海域をさす。防予諸島の東部を占める忽那諸島(くつなしょとう)は岩礁が多く、海底地形が複雑で海深は50~80メートルである。この地域は瀬戸内海国立公園の西部の中心で、典型的な多島海の景観美をもっている。春から夏にかけては霧が発生し、船舶航行の妨げとなる。また海面付近の気温の差異が光の屈折を引き起こし、浮島現象(島が海面から浮いてみえる)がみられる。忽那諸島のほか、青島、大水無瀬(おおみなせ)島、小水無瀬島、由利島などがあり、水軍の活躍舞台となった。イワシの好漁場でもある。全体の海域はほぼ平坦(へいたん)で海深は50~60メートルである。

[深石一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「伊予灘」の解説

伊予灘【いよなだ】

瀬戸内海南西部の海域。西側は周防灘北東側は安芸灘と接し,愛媛山口,大分3県にわたる。深さ50〜60mの海底が広がり,瀬戸内海では比較的深い。水産物集散地として,三津浜(松山市),長浜大洲市)などがある。沿岸では直接鮮魚行商が古くから行われ,伊予市削り節などの地場産業が発展した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「伊予灘」の解説

伊予灘
いよなだ

瀬戸内海の南西部,大分県国東半島,愛媛県佐田岬および愛媛県・山口県の防予諸島に囲まれる海域。深さは 50~60mで海底部はほぼ平坦。イワシ,タイタコの好漁場である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「伊予灘」の解説

いよなだ【伊予灘】

瀬戸内海の南西部,愛媛県の忽那(くつな)(防予)諸島から西方の周防灘との間,北東は安芸灘と接し,愛媛,大分,山口3県にわたる海面。石鎚山脈西縁の山地が直線的に伸びて断層海岸をなす佐田岬半島北方に位置する。瀬戸内海では比較的深い海で,深さ50~60mの海底が広がり,南西方の豊予海峡では急に深くなって400mをこえる。暖流黒潮伊予灘の西半分まで影響するため,山口県の平郡(へいぐん)島,八(や)島の近海まで,ゴンドウクジラが子を生みにくるという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android