コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋竹山(初代) たかはし ちくざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋竹山(初代) たかはし-ちくざん

1910-1998 昭和-平成時代の津軽三味線奏者。
明治43年6月17日生まれ。目が不自由なため15歳で門付け芸人に弟子入りして三味線を習得。戦後成田雲竹の伴奏をつとめ,津軽民謡を全国にひろめた。のち独奏者として活躍。昭和50年吉川英治文化賞。平成4年パリ公演をおこなう。平成10年2月5日死去。87歳。青森県出身。本名は定蔵。著作に「自伝・津軽三味線ひとり旅」。
【格言など】三味線はたたくものでなく,弾くもの

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高橋竹山(初代)の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門植物ホルモン多和田葉子平山郁夫新聞小説Kiroroエクソンモービル小渕恵三内閣グリーンランド

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android