高橋道八(2代)(読み)たかはし どうはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋道八(2代) たかはし-どうはち

1783-1855 江戸時代後期の陶工。
天明3年生まれ。初代高橋道八の次男。陶法を父や宝山文蔵に,磁器奥田穎川(えいせん)らにまなぶ。父の没後家業をつぎ,粟田口から五条坂にうつる。和風京焼にすぐれ,紀伊(きい)偕楽園焼ほか各地の陶窯で指導した。安政2年5月26日死去。73歳。名は光時。号は仁阿弥,華中亭など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android