コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高浜 長江 タカハマ チョウコウ

20世紀日本人名事典の解説

高浜 長江
タカハマ チョウコウ

明治期の詩人



生年
明治9年6月21日(1876年)

没年
明治45(1912)年1月29日

出生地
鳥取県

本名
高浜 謙三

学歴〔年〕
明治法律学校卒

経歴
志願して軍隊に入り大阪・桃山で兵営生活を送る。日清・日露戦争に従軍し、その当時の詩は「小羊」(明治38年)にまとめられた。復員後、41年児玉花外と共に「火柱(ほばしら)」を創刊。初期は七五調五七調定型詩であったが、後期はほとんどが自由律となった。著書に詩集「虚無と西行」「清教徒の最後の胸に」、詩文集「酔後の花」「草雲雀」、マラルメロセッティ訳詩も収めた詩集「煉獄へ」の他、小泉八雲「怪談」の翻訳などもある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android