火柱(読み)ヒバシラ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 空中に立ちのぼって柱のように見える赤い気。
※吾妻鏡‐仁治二年(1241)二月四日「白赤気三条出現〈略〉泰貞朝臣最前馳参御所。申云。此変為慧形、異名火柱也」
② 柱のかたちに高く空中に燃え上がった火。また、稲妻など空中を走る火。火の柱。
※世話詞渡世雀(1753)上「火柱にもだき付度折から」
③ 火事の前兆といわれる幻覚。火柱が見えると近いうちに火災があるという。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の火柱の言及

【狐火】より

…鳥山石燕《百鬼夜行図》にはキツネがくわえた骨から燐火が出ている図が狐火として描かれており,鬼火と結合したものと思われる。なお,川岸によく出現するという火柱も狐火の変形とされるが,こちらはイタチのしわざといわれ,火柱の倒れた方向に火災が起こると信じられている。【飯島 吉晴】。…

※「火柱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火柱の関連情報