コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定型詩 ていけいし

4件 の用語解説(定型詩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定型詩
ていけいし

伝統的に詩句の語数やその配列の順序などが一定している詩。しかしその様式は漢詩の五言や七言の絶句,日本の短歌や俳句,ヨーロッパバラードロンドーソネットなどのように,明確な構成に定着しているものを中心にして多種多様である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ていけい‐し【定型詩】

伝統的に、詩句の数や配列順序に一定の形式をもっている詩。漢詩の五言・七言の絶句律詩、西洋のソネット、日本の短歌俳句など。→自由詩不定型詩

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ていけいし【定型詩】

一定の形式・音数律をそなえた、伝統的な詩型によった詩。漢詩の絶句・律詩、和歌・俳句、ソネットなど。 ↔ 自由詩不定型詩

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定型詩
ていけいし
rhymed verse

一定の脚韻構成を備えたいくつかの連(れん)からなる韻文詩をいう。同じ韻律のパターンの繰り返しにより、詩の格調を高め、意味を効果的にする利点があり、近代詩では広く用いられてきた。現代詩人のフロストは「自由詩はネットを使わないでテニスをするようなものだ。韻律の価値はテニスにおけるネットと同じで、それを使ったほうがはるかに楽しい」と、定型詩を弁護している。
 定型詩の種類は、律格meterの種類や歩脚footの数、それに脚韻構成によって、さまざまな名称があるが、その主要なものは以下のとおりである。俳句と違って、英詩の定型は一行では成立しないので、最低の単位は二行連または対句coupletである。この行末で脚韻を踏む二行連は、それだけで独立して格言や警句に用いられたり、またはいくつも繰り返されて使われたりする。その場合、弱強五歩格iambic pentameterで構成されているときは、とくに「英雄対句(ついく)」とよばれて「英雄詩」に広く用いられる。17世紀から18世紀にかけてドライデン、ポープ、ジョンソンなどに愛用された。フランスでは十二音節詩句(アレクサンドラン)の二行連が古典主義詩の基調で、コルネイユ、ラシーヌ、モリエールなどに愛用された。三行連tripletにも、さまざまな脚韻の組合せがあるが、そのうちaba bcb cdcと踏んでいく詩型をとくに「テルツァ・リーマ」terza rimaとよんで、ダンテが『神曲』でこれを使ったことは有名である。英詩でもシェリーの『西風に寄せる頌歌(しょうか)』やT・S・エリオットの『リトル・ギディング』第二部に用いられている。
 英詩でもっとも基本的な詩型は「四行連」quatrainで、その律格と脚韻の組合せに従って、さまざまな名称がついている。もっともよく用いられる形は、弱強四歩格iambic tetrameterと弱強三歩格iambic trimeterが交互に並び、ababまたは×a×aと脚韻を踏む「普通律」common meterである。これは一般の叙情詩や賛美歌などによく用いられ、またバラードに用いられることから「バラード調」ballad meterともよばれる。このほかは、「五行連」「六行連」と限りなくあるが、詩型としては十四行詩のソネットが広く使われている。これには2種類あって、ペトラルカが用いた弱強五歩格で、abba abba cde cdeの脚韻構成は「イタリア式ソネット」または「ペトラルカ風ソネット」とよばれる。もう一つの弱強五歩格で、abab cdcd efef ggの脚韻構成は「イギリス式ソネット」または「シェークスピア風ソネット」とよばれる。前者は、前半の二つの四行連が提示部で、後半の二つの三行連が展開部となり、起承転結が論理的である。それに対して後者は、前半が三つの四行連からなり、自由奔放に連想を重ねたあげく、最後の二行連で帰結をつけるという特徴がある。[新倉俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定型詩の関連キーワード配給計数貨幣定時定積句相撲フラクションコレクター絶滅率一定の法則総熱量一定の法則排卵数一定の法則面積速度一定の法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

定型詩の関連情報