コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高瀬仙右衛門 たかせ せんえもん

1件 の用語解説(高瀬仙右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高瀬仙右衛門 たかせ-せんえもん

1788-1861* 江戸時代後期の侠客(きょうかく)。
天明8年生まれ。家は代々上野(こうずけ)邑楽郡(おうらぐん)大久保村(群馬県板倉町)の廻船問屋。おさない時家が没落し,博徒にあずけられる。合(あい)の川政五郎,越後の政五郎の名で子分2000人余におよぶ親分として知られたが,郷里にもどり,生家をたてなおし8代高瀬仙右衛門となる。文政11年関東信越地方の逃走悪漢凶徒の捕役となり,また川俣組合40ヵ村の大総代をつとめた。万延元年12月25日死去。73歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

高瀬仙右衛門の関連キーワード鍾馗半兵衛白輿三右衛門甚太七兵衛新場小安鐘弥左衛門半鐘八右衛門政五郎真虫次兵衛冥途小八奴治兵衛

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone