コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田宜和 たかた よしかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高田宜和 たかた-よしかず

1821-1886 江戸後期-明治時代の農政家。
文政4年7月生まれ。二宮尊徳の報徳の教えを奉じ,明治11年柴田順作らと駿河(するが)東報徳社を創設。農作物の改良,柑橘(かんきつ)類,ミツマタ,コウゾの栽培などを奨励した。明治19年9月16日死去。66歳。駿河(静岡県)出身。幼名は亀太郎。著作に「民間婚礼式」「農業月令」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高田宜和の関連キーワードナンバースクールファナリオテスバイロンマンゾーニ日本科学史(年表)岩石区ビリエ・ド・リラダンラフォルグギリシア解放戦争バン=ファルケンブルグ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone