コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高等教育の国際化 こうとうきょういくのこくさいか

1件 の用語解説(高等教育の国際化の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

高等教育の国際化

政府が早くから取り組んできたのが外国人留学生の増加で、2006年には8万人弱と、ほぼ予定に近い水準となっている。他方で日本から外国への留学生は、学位の取得を目指したものはほぼ横ばいだが、語学習得などを目指した短期留学が拡大しつつある。さらにWTO(世界貿易機関)におけるサービス協定(GATS: General Agreement on Trade in Services)交渉を舞台として、米・英などは教育サービス貿易の自由化を要求しており、文部科学省は04年春に一定の自由化の政策を示した。これによって外国大学日本校が大学として認可される道が開かれる一方で、日本の大学のアジアへの進出なども始まっている。

(金子元久 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高等教育の国際化の関連キーワード外貨預託全豪オープン錯節柔ら取り外国為替資金立向う集落としての事業への取組地方分権改革ポスドク問題イソラル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高等教育の国際化の関連情報