高血圧性心臓病(読み)こうけつあつせいしんぞうびょう(英語表記)hypertensive heart disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高血圧性心臓病
こうけつあつせいしんぞうびょう
hypertensive heart disease

高血圧が一定期間以上持続することによって起る心疾患。高血圧が持続すると,左心室の仕事量が増加するために肥大し,左心不全が生じる。心筋の肥大によって冠循環はある程度増すが,ついに需要を満たせなくなって,冠不全が起る。持続性の拡張期高血圧があって,X線および心電図で左心室肥大の所見があり,さらに狭心症,心筋梗塞,心不全,心室内伝導障害などの合併症がある場合,高血圧性心疾患の診断が確実になる。重症の場合は,うっ血性心不全肺水腫を伴う急性左心不全,心筋梗塞などを起して死にいたる。降圧剤強心剤,利尿剤の投与,食餌療法などを用いて,長期の治療が必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android