コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食餌療法 しょくじりょうほうdietetic treatment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食餌療法
しょくじりょうほう
dietetic treatment

摂取する食物の品質,成分,分量などを選択調節して,病気治療を助け,あるいは特定の病気について,患者の保護をはかる治療法をいう。特殊食として糖尿病,肝臓病,高血圧症心臓病,特殊な栄養障害などの患者に供され,それぞれ治療目的や症状に合せて基準が定められている。一般に低エネルギー,低塩,ビタミンミネラル,良質蛋白の選択摂取などが用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょくじりょうほう【食餌療法】

代謝異常・消化器系内臓疾患・肥満などに対し、治療の一環として食事内容や食事法を改善・調節すること。また、そうした治療法。食療法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食餌療法の関連キーワードフェニルケトン尿症食道裂孔ヘルニアダンピング症候群高血圧性心臓病ダイエット食品過敏性腸症候群ヒポクラテス胃アトニー症小腸大腸炎幽門狭窄症マーフィー隆の里俊英五島雄一郎慢性膵炎黄色腫症東洋医学石塚左玄食療法千金方狭心症

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android