コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高谷篤三郎 たかや とくさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高谷篤三郎 たかや-とくさぶろう

1845-1865 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
弘化(こうか)2年10月29日生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)の豪農の家に生まれ,儒学,剣術をまなぶ。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の筑波山挙兵にくわわり藤田小四郎にしたがって各地を転戦したが,加賀金沢藩に投降し,2年2月15日敦賀で処刑された。21歳。名は篤信。姓は「たかたに」ともよむ。

高谷篤三郎 たかたに-とくさぶろう

たかや-とくさぶろう

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高谷篤三郎の関連キーワードマルクス経済学アメリカ合衆国史(年表)コルベ(Adolf Wilhelm Hermann Kolbe)ゴーチエオセアニア史(年表)建部武彦芳香族化合物フォーレエンゲルスクレーニヒ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone