高野龍神国定公園(読み)こうやりゅうじんこくていこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高野龍神国定公園
こうやりゅうじんこくていこうえん

和歌山県北東部の高野山から護摩壇山を経て龍神温泉に及ぶ自然公園。面積 191.98km2。 1967年指定。北部の高野山は弘法大師創立の真言宗の本山で,山岳宗教の聖地として栄えてきたところ。 1200余の伽藍,僧坊があり,文化財に指定されたものも多く,周囲の自然林と混然一体となり特異な景観を呈している。南海電鉄高野線やケーブルカーが通じ,近年は高野山への道路も開通して観光客や参詣客が多い。護摩壇山 (1372m) は本県最高峰。自然林もよく保存されている。特に高野山周辺にはスギを主とする自然林がよく保護されているほか,国有林には「高野大木」と呼ばれているコウヤマキをはじめ,マツ,ヒノキ,モミツガの原生林が残されている。また護摩一帯にはモミ,ツガ,ブナの原始林とツツジ類の群落がみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕高野龍神国定公園(こうやりゅうじんこくていこうえん)


和歌山・奈良両県にまたがる山岳国定公園。北は高野山から護摩壇(ごまだん)山を経て、南の龍神温泉に至る一帯を区域とする。面積192.0km2。1967年(昭和42)指定。1000m級の山岳とブナ・モミ・スギなどの原生林が続く自然景観で知られる。高野山系は山岳信仰の聖地で、空海(くうかい)創建の金剛峯(こんごうぶ)寺があり参拝者や観光客でにぎわう。高野山から龍神温泉まで高野龍神スカイラインが通る。高野山周辺は2004年(平成16)7月7日に登録された世界遺産(文化遺産)「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部に含まれる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こうやりゅうじん‐こくていこうえん カウヤリュウジンコクテイコウヱン【高野龍神国定公園】

和歌山・奈良両県境、紀伊山地の一部を占める国定公園。高野山、護摩壇山、龍神温泉などを含む。昭和四二年(一九六七)指定。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android