コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

龍神温泉 りゅうじんおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

龍神温泉
りゅうじんおんせん

和歌山県中南部,田辺市にある山間の温泉。重曹泉で,泉温は 49℃。神経諸病,胃腸病,やけどに効能があるとされ,湯治客が多い。空海によって開かれたといわれ,その遺跡がある。護摩壇山への登山基地でもあり,高野龍神国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りゅうじん‐おんせん〔‐ヲンセン〕【龍神温泉】

和歌山県田辺市龍神村龍神にある温泉。日高川上流に位置し、泉質単純温泉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕龍神温泉(りゅうじんおんせん)


和歌山県田辺(たなべ)市龍神村の日高(ひだか)川沿いにわく保養向きの温泉。古く修験(しゅげん)道の開祖、役行者(えんのぎょうじゃ)の発見という。近世には紀州徳川(きしゅうとくがわ)家御用の湯治場。美人湯として知られる。近くに中里介山(なかざとかいざん)『大菩薩峠(だいぼさつとうげ)』の舞台の曼陀羅(まんだら)の滝、幕末の天誅(てんちゅう)組幽閉跡の天誅倉などがある。ナトリウム‐炭酸水素塩泉。泉温49℃。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

龍神温泉
りゅうじんおんせん

和歌山県中東部、田辺(たなべ)市龍神村龍神にある温泉。日高(ひだか)川上流の渓谷にあり、役行者(えんのぎょうじゃ)や空海との因縁が伝えられる。藩政期和歌山城下から龍神街道が通じ、御殿(ごてん)の名の宿がいまも残る。泉質は炭酸水素塩泉。高野(こうや)竜神国定公園に含まれる。JR紀勢本線(きのくに線)紀伊田辺駅からバスの便がある。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

龍神温泉の関連キーワード和歌山県田辺市龍神村龍神高野竜神国定公園和歌山県田辺市龍神〈村〉田辺(市)虎ヶ峰峠中里介山柚餅子高野山上御殿

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

龍神温泉の関連情報