コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

護摩壇山 ごまだんざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

護摩壇山
ごまだんざん

和歌山県中南部の田辺市と奈良県南部の十津川村の境にある山。標高 1372m。紀伊山地の一主峰。紀州の屋根と呼ばれ,日高川水源をなす。屋島の戦いに敗れた平維盛護摩を焚いて身を占ったところとの伝説がある。高野山との峰続きで,山名修験道とかかわる。高野龍神国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ごまだん‐ざん【護摩壇山】

和歌山県北東部、田辺市龍神村五百原と奈良県吉野郡十津川村の県境にある山。標高1372メートル。日高川水源地。隆起準平原で、山頂に平坦面がある。かつて修験者(しゅげんじゃ)の道場だった。南西麓は高野竜神国定公園に属する。山名の由来は、屋島の戦いに敗れた平維盛(これもり)高野(こうや)山を経て逃れてきたとき、この地で平家の命運を占うために護摩を焚(た)いたという伝説から。護摩壇岳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ごまだんざん【護摩壇山】

和歌山県と奈良県との境界にある山。標高1372mで,和歌山県の最高峰。中生代の四万十帯からなる。この山から西へ延びる白馬(しらま)山脈には1000m級の峰が連なっている。山の名は平維盛がこの地に逃れ,山上に登って護摩をたいて将来を占ったという伝承に由来する。山頂付近にはモミ,ブナの原生林が分布していたが,高野竜神スカイラインの開通(1980)に伴う山林開発によって,植生が一変しつつある。【水田 義一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県(奈良県)〕護摩壇山(ごまだんざん)


和歌山・奈良県境に位置する山。紀伊(きい)山地西部の一峰。標高1372m。和歌山県の最高峰。「ごまのだんやま」とも読む。高野龍神(こうやりゅうじん)国定公園に属し、北の高野山から県境の尾根筋にスカイラインが通じ南の龍神温泉方面に至る。

〔和歌山県(奈良県)〕護摩壇山(ごまのだんやま)


護摩壇山(ごまだんざん)

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

護摩壇山
ごまだんざん

和歌山県北東部、田辺(たなべ)市龍神(りゅうじん)村地区と奈良県吉野郡十津川(とつかわ)村の境にある山。標高1372メートル。和歌山県の最高峰とされていたが、2000年(平成12)に発表された再調査の結果、東隣の龍神岳(1382メートル)が最高峰となった。日高川の源流をなす。屋島の戦いに敗れた平維盛(これもり)がこの地に逃れ、護摩をたいて身を占ったという伝説による山名といわれるが、高野山(こうやさん)から峰続きで、大峰山にも近く、修験道(しゅげんどう)の行場としての山名である。南西麓(ろく)は高野竜神国定公園に含まれ、森林公園となっている。高野山から龍神温泉へのスカイラインが通る。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

護摩壇山の関連キーワード和歌山県田辺市龍神村龍神清水(和歌山県)和歌山(県)野迫川[村]隆起準平原有田川町伯母子岳和歌山県修験者有田川屋島白崎清水

護摩壇山の関連情報