コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高階信順 たかしなの のぶのり

2件 の用語解説(高階信順の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高階信順 たかしなの-のぶのり

?-1001 平安時代中期の官吏。
高階成忠の子。妹貴子(きし)は関白藤原道隆の妻。大宰府(だざいふ)に左遷がきまった道隆の子藤原伊周(これちか)が,妹の中宮藤原定子の屋敷に逃げかくれた際,ともに捕らえられ,長徳2年伊豆(いず)に流された。のちゆるされ左中弁にすすむ。長保3年6月29日死去。名は「さねのぶ」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高階信順

没年:長保3.6.29(1001.7.22)
生年:生年不詳
平安中期の官人。従二位成忠の子。妹の貴子が関白藤原道隆の妻となって伊周,定子(一条天皇中宮)を生みこの家系は大きく躍進。しかし,道隆の病死後,流罪となって伊周が配所の大宰府(太宰府市)に下らず中宮御所に逃げこみ検非違使らの捜索をうけた際,同じく身を隠していた信順らも追捕され,長徳2(996)年冬,配所の伊豆国(静岡県)に流された。2年後,権左中弁から左中弁に昇進しているから,配流は短期間であったろう。出家直後に病死した。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高階信順の関連キーワード山本実冨扶桑集平貴子高階貴子高階成忠高階信平高階光子二条宗煕藤原祇子藤原親子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone