コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高階信順 たかしなの のぶのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高階信順 たかしなの-のぶのり

?-1001 平安時代中期の官吏。
高階成忠の子。妹貴子(きし)は関白藤原道隆の妻。大宰府(だざいふ)に左遷がきまった道隆の子藤原伊周(これちか)が,妹の中宮藤原定子の屋敷に逃げかくれた際,ともに捕らえられ,長徳2年伊豆(いず)に流された。のちゆるされ左中弁にすすむ。長保3年6月29日死去。名は「さねのぶ」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高階信順

没年:長保3.6.29(1001.7.22)
生年:生年不詳
平安中期の官人。従二位成忠の子。妹の貴子が関白藤原道隆の妻となって伊周,定子(一条天皇中宮)を生みこの家系は大きく躍進。しかし,道隆の病死後,流罪となって伊周が配所の大宰府(太宰府市)に下らず中宮御所に逃げこみ検非違使らの捜索をうけた際,同じく身を隠していた信順らも追捕され,長徳2(996)年冬,配所の伊豆国(静岡県)に流された。2年後,権左中弁から左中弁に昇進しているから,配流は短期間であったろう。出家直後に病死した。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

高階信順の関連キーワード高階成忠官吏

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android