コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まつmo

翻訳|mo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


まつ
mo

中国演劇の役柄の一つ。元雑劇では主役として重要な役柄であったが,家従,馬夫など端役に変り,老生に組入れられ,次第にすたれつつある。老生は中年と老年を演じ黒いひげをつけるが,白いひげをつけた老年を末という。現在,末を除く4つが中国演劇の主要な役柄となった。 (→京劇 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うら【末】

植物の葉や枝の先。こずえ。うれ。
「小里なる花橘(はなたちばな)を引き攀(よ)ぢて折らむとすれど―若みこそ」〈・三五七四〉
すえ。端。「弭(はず)」
[補説]古くは「うれ」が単独で用いられたのに対し、「うら」は「うら葉」のような複合形に用いられることが多い。

うれ【末】

草の葉や茎、木の枝の先端。こずえ。うら。
「うちなびく春立ちぬらし我が門(かど)の柳の―にうぐひす鳴きつ」〈・一八一九〉

すえ〔すゑ〕【末】

(本(もと)に対して)続いているものの先端の方。末端。「毛の
川下(かわしも)。下流。
「山中の渓流の―である河は」〈大岡・野火〉
中央から離れた端の所。場末・野ずえ・末席など。「の座」
本筋から隔たった物事。つまらないこと。「そんな細かいことはだ」
物事の行われたのち。あげく。「ごたごたの落ち着く」「苦心の完成した」
ある期間の終わりのほう。「今月の
一生の最後の時期。晩年。「人一代の
今からのち。行く末。将来。「が思いやられる」
子孫。「源氏の
10 一番あとに生まれた子。末っ子。「は女です」
11 仏教がおとろえ人心がすさみ、道徳も秩序も乱れ衰えた時代。末世(まっせ)。「世もとなる」
12 短歌の下(しも)の句。
13 (本(もと)に対して)後編。
14 神楽歌を奏するのに、神座に向かって右方の座席。また、そこにすわる奏者。
15 草木の伸びている先。こずえ、枝先など。
「うぐひすの…紅梅の―にうち鳴きたるを」〈・若菜上〉
16 山頂。山のいただき。
「高山、短山(ひきやま)の―より」〈祝詞・六月晦大祓〉
17 江戸時代、将軍・大名などに仕えた女中。おすえ。
18 身分の低いもの。下等。下級。
「―の傾城四人まゐりて」〈浮・一代男・八〉
[下接語]来(こ)し方行く末・末の末・場末本(もと)末行く末(ずえ)末末月末野末葉末穂末

ばつ【末】[漢字項目]

まつ

まつ【末】

終わり。すえ。「三月の」「世紀
粉(こな)。粉末。
「薬ヲ―ニスル」〈和英語林集成

まつ【末】[漢字項目]

[音]マツ(呉) バツ(漢) [訓]すえ うら うれ
学習漢字]4年
〈マツ〉
物の端の方。物事の終わりの方。最後。果て。すえ。「末裔(まつえい)末期(まっき)末期(まつご)末日末梢(まっしょう)末端末尾末葉巻末期末結末月末毫末(ごうまつ)歳末始末終末週末端末顛末(てんまつ)年末幕末文末本末
中心的でないこと。主要でない。とるにたりない。「末学末席末節末輩瑣末(さまつ)粗末
小さく細かいもの。「粉末
〈バツ〉
すえ。終わり。「末子末孫末弟
主要でない。下位。「末席
[補説]の語例の「末」は「マツ」とも読む。
〈すえ(ずえ)〉「末広月末野末葉末場末
[名のり]とめ・とも・ひで・ひろし・ほず・ま
[難読]末枯(うらが)れ末生(うらな)り木末(こぬれ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うら【末】

枝先。こずえ。うれ。 「小里なる花橘を引きよぢて折らむとすれど-若みこそ/万葉集 3574
先端。はし。すえ。 「 -筈はず」 「 -成り」

うれ【末】

木や草、また枝の先端。すえ。うら。 「わが門の柳の-に鶯鳴きつ/万葉集 1819

すえ【末】

物のはし。先端。 ↔ もと 「竹ざおの-」
きょうだいのうち、一番下の子。 「 -の子」
子孫。後裔こうえい。 「藤原氏の-」
時間の最後。 「年の-」 「月-」
未来。将来。ゆくすえ。 「 -が案じられる」 「 -の約束をしたからつて、果して其通りに遂られるか/当世書生気質 逍遥
道徳観念のすたれた時代。 「世も-だ」
主要でないこと。大した問題ではないこと。 「 -の問題」
短歌の下の句。 ↔
神楽歌かぐらうたを奏する際、神座に向かって右方の席。
物事の行われたあと。結果。 「話し合いの-解決した」 「苦労した-、完成にこぎつけた」
草木の上方の先端。こずえや枝先。 「奇めつらしき鳥来て杜かつらの-に居り/日本書紀 神代下訓
後の世。後世。 「かの須磨の日記は、-にも伝へ、知らせむ/源氏 梅枝

まつ【末】

主に時を表す名詞の下に付いて、「すえ」「終わり」の意を表す。 「年-」 「学期-」 「巻-」 「文-」
こな。粉末。 「僧、松柏の脂の-を以て法義に令食じきせしむ/今昔 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

末の関連キーワードBPS(Book value per share)駅ホームからの転落事故と対策福岡県京都郡みやこ町勝山黒田兵庫県神戸市垂水区五色山栃木県那須郡那珂川町小川大阪府豊中市岡町北末四十より今の三十ファンドシエクル占城・占婆末吉勘兵衛荒木田大学福井末徧にて留め無配転落源平時代四季払いたちばな子子孫孫こいさん断末魔

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

末の関連情報