(読み)すえ

精選版 日本国語大辞典「末」の解説

すえ すゑ【末】

〘名〙
① 草木の上方の末。また、こずえや先など。
※書紀(720)神代下(兼方本訓)「奇(めつら)しき鳥(とり)来て杜(かつら)の杪(スヱ)に居り」
※源氏(1001‐14頃)若菜上「うぐひすの、若やかに、ちかき紅梅のすゑにうち鳴きたるを」
② 物の先端。末端。
※古事記(712)下・歌謡「御峰(みを)の竹を 掻き刈り 末(すゑ)押し縻(な)ぶる如(な)す」
※竹取(9C末‐10C初)「毛のすゑには金の光し、ささやきたり」
③ 山のいただき。山頂。また、山の奥。
※書紀(720)斉明二年(北野本訓)「宮の材(き)(たた)れ、山の椒(スヱ)(うつも)れたり」
④ 道や野のはて。はずれ。
※新古今(1205)秋上・三七八「むさしのやゆけども秋のはてぞなきいかなる風か末に吹くらん〈源通光〉」
⑤ 子孫。あなすえ。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「もののたがひ目ありて、そのむくいにかくすゑは無きなり」
※二十五絃(1905)〈薄田泣菫〉矢馳使の歌・あまくだり「伊弉諾(いざなぎ)の裔(スヱ)、人の子ら、ながき嘆(なげき)のなからめや」
⑥ 将来。未来。ゆくすえ。のち。
※書紀(720)武烈即位前・歌謡「大太刀を たれはき立ちて 抜かずとも 須衛(スヱ)はたしても 会はむとぞ思ふ」
⑦ ある期間の終わり。おわり。末期。
※霊異記(810‐824)下「七日の頭(スヱ)に到りて、肉団(ししむら)開敷(ひら)きて百の童子有り〈真福寺本訓釈 頭 数恵爾〉」
⑧ 生涯の終わりの時期。晩年。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「残りとまれる齢(よはひ)のすゑにもあかず悲しと思ふこと多く」
⑨ 道義や政治、風俗、財産などの衰えた世。末の世。
※光悦本謡曲・当麻(1435頃)「彌陀の教へをたのまずは、末の法、よろづ年々ふるまでに余経の法はよもあらじ」
⑩ 月末。下旬。
※幸若・夜討曾我(室町末‐近世初)「時に建久四年、五月のすゑのいつの夜の、天はくらしと申せども」
⑪ 時間がかなりたったあと。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「むげのすゑに参り給へりし入道の宮に」
⑫ 物事の行なわれたあと。結果。また、なごり。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「さらばかうにこそはと打ち解け行くすゑにありありて」
⑬ 人の行ったその方向。これから行く方向。
※今昔(1120頃か)二三「飛ぶが如くに迯(にげ)けるを、人末に多く走合て捕(とらへて)打伏せて縛て」
⑭ 複数の子のうち、いちばん年少の子。末子。
※源氏(1001‐14頃)柏木「かく心ことなる御腹にて、すゑに出ておはしたる」
⑮ 幼少。
※源氏(1001‐14頃)絵合「すゑの君だち思ふさまにかしづき出だして見むとおぼしめすにぞ」
⑯ 末座。末席。下座。
※源氏(1001‐14頃)桐壺「みこたちの御座のすゑに源氏つき給へり」
⑰ 短歌の下の句。
※伊勢物語(10C前)六九「かち人の渡れど濡れぬえにしあれば、と書きて、すゑはなし」
⑱ 文や単語の終わり。文末や語尾。
※源氏(1001‐14頃)椎本「『色変はる袖をば露の宿りにてわが身ぞさらにおき所なき、はつるる糸は』とすゑは言ひ消ちて」
⑲ 後編。
※明衡往来(11C中か)「巻上 末」
⑳ もと。起点。
※玉葉‐寿永元年(1182)一一月一五日「明暁寅刻虧初、辰刻復末」
㉑ 宮中、将軍、大名などにつかえた女中。おすえ。
※看聞御記‐永享七年(1435)一二月二六日「得選女官六人夜参。召末給酒」
㉒ 下等。下級。また、そのもの。
※浮世草子・好色一代男(1682)八「末(スヘ)の傾城四人まいりて」
㉓ 主要でないこと。
㉔ 下流。川下。しも。
※梁塵秘抄(1179頃)二「石清水流れのすゑぞたのまるる心もゆかぬ水屑とおもへば」
㉕ 神楽歌を奏するのに神座に向かって右方の座席。また、そこにすわる奏者。末方。末方の主唱者である末拍子(すえびょうし)にもいう。また、その受持ちの歌の部分。
※神楽歌(9C後)採物「〈本〉榊の 香をかぐはしみ〈略〉〈末〉神籬の 御室の山の 榊葉は 神の御前に 茂りあひにけり」
㉖ 七、または八をいう、呉服屋仲間の符丁。

まつ【末】

[1] 〘名〙
① こな。粉末
※今昔(1120頃か)七「僧、松栢の脂の末を以て法義に令食しむ」
② 中国の旧劇の役割の一つで、端役のこと。
※読本・曲亭伝奇花釵児(1804)序「開場事を始るを、命(なづく)るに末(マツ)(〈注〉スヱ)ここにいふ立役すぢし也。序びらきに狂言のすぢをいふ をもてし」
[2] 〘接尾〙 月や年など、ある期間の終わりにあたる時期。
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉十二月暦「毎年末(マツ)予算案の編成をまって」

うら【末】

〘名〙
① 枝先。こずえ。うれ。
※万葉(8C後)一四・三五七四「小里(をさと)なる花橘を引きよぢて折らむとすれど宇良(ウラ)若みこそ」
② 先端。すえ。
※京極大草紙(室町後)躾式法之事「箸の本末と云事個とは、ほそきはうら、ふときは本なり」

うれ【末】

〘名〙 草のや葉、木の枝などの先端。はずえ。こずえ。すえ。うら。
※万葉(8C後)二・一四六「後見むと君が結べる磐代(いはしろ)の小松が宇礼(ウレ)をまた見けむかも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「末」の解説

すえ〔すゑ〕【末】

(本(もと)に対して)続いているものの先端の方。末端。「毛の
川下(かわしも)。下流。
「山中の渓流の―である河は」〈大岡・野火〉
中央から離れた端の所。場末・野ずえ・末席など。「の座」
本筋から隔たった物事。つまらないこと。「そんな細かいことはだ」
物事の行われたのち。あげく。「ごたごたの落ち着く」「苦心の完成した」
ある期間の終わりのほう。「今月の
一生の最後の時期。晩年。「人一代の
今からのち。行く末。将来。「が思いやられる」
子孫。「源氏の
10 一番あとに生まれた子。末っ子。「は女です」
11 仏教がおとろえ人心がすさみ、道徳も秩序も乱れ衰えた時代。末世(まっせ)。「世もとなる」
12 短歌の下(しも)の句。
13 (本(もと)に対して)後編。
14 神楽歌を奏するのに、神座に向かって右方の座席。また、そこにすわる奏者。
15 草木の伸びている先。こずえ、枝先など。
「うぐひすの…紅梅の―にうち鳴きたるを」〈・若菜上〉
16 山頂。山のいただき。
「高山、短山(ひきやま)の―より」〈祝詞・六月晦大祓〉
17 江戸時代、将軍・大名などに仕えた女中。おすえ。
18 身分の低いもの。下等。下級。
「―の傾城四人まゐりて」〈浮・一代男・八〉
[下接語]来(こ)し方行く末末の末場末本(もと)末行く末(ずえ)末末月末野末葉末穂末

まつ【末】[漢字項目]

[音]マツ(呉) バツ(漢) [訓]すえ うら うれ
学習漢字]4年
〈マツ〉
物の端の方。物事の終わりの方。最後。果て。すえ。「末裔(まつえい)末期(まっき)末期(まつご)末日末梢(まっしょう)末端末尾末葉巻末期末結末月末毫末(ごうまつ)歳末始末終末週末端末顛末(てんまつ)年末幕末文末本末
中心的でないこと。主要でない。とるにたりない。「末学末席末節末輩瑣末(さまつ)粗末
小さく細かいもの。「粉末
〈バツ〉
すえ。終わり。「末子末孫末弟
主要でない。下位。「末席
[補説]の語例の「末」は「マツ」とも読む。
〈すえ(ずえ)〉「末広月末野末葉末場末
[名のり]とめ・とも・ひで・ひろし・ほず・ま
[難読]末枯(うらが)れ末生(うらな)り木末(こぬれ)

うら【末】

植物の葉や枝の先。こずえ。うれ。
「小里なる花橘(はなたちばな)を引き攀(よ)ぢて折らむとすれど―若みこそ」〈・三五七四〉
すえ。端。「弭(はず)」
[補説]古くは「うれ」が単独で用いられたのに対し、「うら」は「うら葉」のような複合形に用いられることが多い。

うれ【末】

草の葉や茎、木の枝の先端。こずえ。うら。
「うちなびく春立ちぬらし我が門(かど)の柳の―にうぐひす鳴きつ」〈・一八一九〉

まつ【末】

終わり。すえ。「三月の」「世紀
粉(こな)。粉末。
「薬ヲ―ニスル」〈和英語林集成

ばつ【末】[漢字項目]

まつ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「末」の解説


まつ
mo

中国演劇の役柄の一つ。元雑劇では主役として重要な役柄であったが,家従,馬夫など端役に変り,老生に組入れられ,次第にすたれつつある。老生は中年と老年を演じ黒いひげをつけるが,白いひげをつけた老年を末という。現在,末を除く4つが中国演劇の主要な役柄となった。 (→京劇 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android