付く(読み)ツク

デジタル大辞泉「付く」の解説

つ・く【付く/附く/着く】

[動カ五(四)]
あるものと他のものが離れない状態になる。
㋐あるものが表面に密着する。くっつく。付着する。接着する。「ほこりが―・く」「飯粒が―・く」「この(のり)はよく―・く」
㋑主となるものに、さらに添え加わる。「おまけが―・く」「条件が―・く」
㋒消えないであとが残る。印される。「歯形が―・く」「傷が―・く」「しみが―・く」
㋓ある性質・能力などがそなわる。「知恵が―・く」「身に―・いたしぐさ
㋔ある物事・状態・作用などが新たに生じたり、増し加わったりする。「電話が―・く」「味が―・く」「はずみが―・く」
(着く)あるものが他のものや他の所まで達する。
㋐到着する。「手紙が昨日―・いた」「目的地に―・く」「定刻に―・く」
一部分がある所に届いて触れる。「船底海底に―・く」「枝が伸びてに―・く」
㋒ある場所を占める。位置する。「守備位置に―・く」「席に―・く」
あるもののそばに寄ってそい従う。
㋐一緒になって行く。あとにつづき従う。「先頭ランナーに―・く」「彼のやり方には―・いていけない」
㋑その立場に心を寄せて行動を共にする。味方になる。「有利な側に―・く」「何かというと母親に―・く」
㋒そばを離れずにいる。いつもそばにいて世話をする。「護衛が―・く」「看護師が―・く」
㋓頼りになる、または助けてくれる者が背後にいる。「スポンサーが―・く」
㋔寄り集まる。たかる。「果物にが―・く」
㋕あるものに沿う。
「急いで(どて)に―・いて左の方へ道を折れた」〈秋声足迹
ある働きが活動を始める。
㋐働きが盛んになる。「食欲が―・く」「精力が―・く」
㋑(「点く」とも書く)燃えはじめる。また、あかりがともる。電気器具などが作動する。「火が―・く」「電灯が―・く」「テレビが―・いている」
㋒病気にかかる。感染する。「ばい菌が―・く」
㋓(「憑く」とも書く)乗り移る。とりつく。「ものに―・かれたような目」「(きつね)が―・く」
五感にとらえられる。識・知覚がはたらく。「よく気の―・く人」「目に―・く広告」「高慢さが鼻に―・く」
㋕植物が根をおろす。根づく。「挿し木が―・く」
ある定まった状態がつくられる。
㋐解決する。まとまる。落着する。「話が―・く」「勝負が―・く」
㋑ある名前や値段になる。「愛称が―・く」「高値が―・く」
㋒あることの前提・結果のもとでは、その値段になる。「一つ百円に―・く」「結局は高く―・いた」
㋓意志が固まる。「決心が―・く」
偶然などがうまく味方して、都合よく事が運ぶ。運が向く。「今日は―・いている」
ある物事に付随して、別の物事が起こる。
「風に―・きてさと匂ふがなつかしく」〈・蓬生〉
病気にかかる。感染する。
「月ごろ御やまひも―・かせ給て」〈大鏡道隆
動詞の連用形について)動作・状態の激しい意を表す。「しがみ―・く」「食い―・く」
[可能]つける
[動カ下二]つ(付)ける」の文語形
[下接句]悪銭身につかず足が地に着かない足が付く足元に火が付く油紙へ火が付いたよう板に付く生まれもつかない海の物とも山の物ともつかない襟に付く襟元に付く御釈迦(おしゃか)様でも気がつくまい尾鰭(おひれ)が付く及びもつかない方が付く格好がつく気が付く金箔(きんぱく)が付く愚にも付かぬけちが付くけりが付く時代が付く示しがつかない尻(しり)に付く尻に火が付く土がつく手が付く手に付かない箔(はく)が付く鼻につく話がつく火が付く火の付いたよう引っ込みがつかない人垢(ひとあか)は身につかぬ人心地が付く人目に付く頰返(ほおがえ)しが付かない眉(まゆ)に火が付く身に付く耳に付く虫が付く目に付く目処(めど)が付く目鼻が付く焼け木杭(ぼっくい)に火が付く理屈と膏薬(こうやく)はどこへでも付く

づ・く【付く】

[接尾]《動詞五(四)段型活用。動詞「つ(付)く」から》名詞またはそれに準ずるに付いて動詞をつくり、そのような状態になる、そういうようすが強くなるという意を表す。「―・く」「元気―・く」「おじけ―・く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android