コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無い ナイ

デジタル大辞泉の解説

な・い【無い】

[形][文]な・し[ク]
物事が存在しない。「あやしい節は―・い」「読書に飽きることは―・い」
持っていない。「金が―・い」「子供が―・い」「信用が―・い」「品が―・い」「魅力が―・い」
時間・数量などが、その表示された数に達していない。「開演まで五分も―・い」「海岸まで一〇〇メートルと―・い」
気持ちをもたない。心がはっきりしていない。「正体―・く酔っている」「まるでやる気が―・い」
経験していない。「見たことが―・い」
同じ物が二つと存在しない。類がない。「またと―・い珍品」
(「亡い」とも書く)すでに死んで、この世にいない。「母の―・い子」「私は―・い者と考えてください」
留守である。不在である。
「老いらくの来むと知りせば門さして―・しと答へて逢はざらましを」〈古今・雑上〉

㋐形容詞型・形容動詞型活用の語の連用形に付いて、打消しの意を表す。「あの映画はおもしろく―・い」「そんな話は聞きたく―・い」「後悔なんて君らしくも―・い」「人が言うほどきれいで―・い」「申し出は受け入れられそうに―・い」「見た目ほど忙しいようでは―・い」
㋑(「…ないではない」「…ないこともない」などの形で)すっかり否定しきらないで、いくらかは認めるさま。「言い分はわからないでも―・い」「条件によっては承知できないことも―・い」
㋒(「…ではないか」などの形で)確認したり念を押したりする意を表す。「あれほど説明したでは―・いか」「やればできるじゃ―・いか」
㋓(「…しようではないか」などの形で)勧誘したり催促したりする意を表す。「ともに頑張ろうでは―・いか」「やってみせようじゃ―・いか」
㋔(「…のではない」などの形で)否定・禁止の意を表す。「人をからかうものでは―・い」「頭で覚えるんじゃ―・い、からだで覚えるんだ」
㋕(「…ともなく」などの形で)はっきりしないままそれが行われるさま。「聞くとも―・く話を聞く」「降るとも―・く降り続く雨」
㋖(「お…でない」などの形で)禁止の意を表す。「調子に乗っておふざけで―・い」
10 名詞に付いて、否定の意を含む形容詞をつくる。「こころ―・い」「違い―・い」「面目(めんぼく)―・い」
[派生]なげ[形動]なさ[名]
[下接句]味も素っ気もない蟻(あり)の這(は)い出る隙(すき)もない合わせる顔がない生きた空がない痛くも痒(かゆ)くもない一言(いちごん)もない応接に暇(いとま)がない影も形もない神も仏もない薬にしたくもない芸がない是非もない只(ただ)より高いものはない血も涙もない・取り付く島がない・鰾膠(にべ)もない根も葉もない恥も外聞もない非の打ち所がない方図(ほうず)がない枚挙に遑(いとま)がない身の置き所がない身も蓋(ふた)もない身も世もない見る影もない目がない元(もと)も子もない油断も隙もない欲も得もない埒(らち)もない立錐(りっすい)の余地もない渡る世間に鬼はない瓜(うり)に爪(つめ)あり爪に爪なし可もなく不可もなし稼ぐに追いつく貧乏なし顔色なし眼中人無し看板に偽りなし鬼神に横道(おうどう)なし国に二君なし恋に上下の差別なし恒産なきものは恒心なし触らぬ神に祟(たた)りなし三界に家無し山中暦日なし死人に口なし備えあれば患(うれ)いなし大事の中に小事なし玉磨かざれば光なし天に二日(にじつ)無し名ありて実なし武士に二言無し目に一丁字なし名所に見所なし名物に旨(うま)い物なし本木(もとき)にまさる末木(うらき)なし野(や)に遺賢無し勇将の下に弱卒無し行くとして可ならざるはなし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無いの関連情報