コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高階経雅(読み)たかしなのつねまさ

朝日日本歴史人物事典の解説

高階経雅

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:治承4(1180)
鎌倉前・中期の公卿。前名は経時。父は内蔵頭経仲。母は藤原範季の娘。和泉守,但馬守より建暦2(1212)年に美濃守,建保2(1214)年内蔵頭となる。美濃国は後鳥羽院の領国であり,内蔵頭も院の近臣が据えられる官である。経雅の母は修明門院と姉妹であり,その縁で経雅は後鳥羽院に近侍したのだろう。承久の乱(1221)後は一時籠居に処せられ,免ぜられてからは九条道家の家司としての活動が目立つ。暦仁1(1238)年従二位。仁治3(1242)年,北条経時をはばかり経雅と改名。寛元4(1246)年まで,関東申次も行っていた。建長6(1254)年出家。程なく没したと思われる。

(本郷和人)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android