高雄・高尾(読み)たかお

大辞林 第三版の解説

たかお【高雄・高尾】

京都市北西端、右京区梅ヶ畑の地名。清滝川中流の峡谷に沿い、紅葉の名所として知られる。高雄山中腹に神護寺がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たかお たかを【高雄・高尾】

[一] 京都市右京区梅ケ畑の地名。愛宕(あたご)山の東方、清滝川の中流右岸に臨む。高雄山があり、清滝川の渓谷美で知られ、古来紅葉の名所。神護寺がある。栂尾(とがのお)・槇尾(まきのお)とともに三尾(さんび)という。
[二] 京都市右京区にある高雄山のこと。
[三] 京都市右京区、高雄山の山腹にある高雄山神護寺のこと。
[四] (高尾) 東京都八王子市の地名。高尾山の東麓にある。多摩御陵などがある。
[五] (高雄) 台湾南西岸の港湾都市。天然の良港で、古くから遠洋漁業の基地として栄え、貿易・工業もさかん。カオシュン。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android