コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高須梅渓 たかす ばいけい

美術人名辞典の解説

高須梅渓

美文家・評論家水戸学研究家。名は芳次郎。早大英文科卒。為替貯金管理所勤務から上京し早大に入り、卒業後、雑誌・新聞編集を経て、晩年水戸学研究により文学博士の学位を得、日大教授となる。その間、中村吉蔵らと雑誌『よしあし草』を発行したり『新声』の編集にあたる。著書に『近代文芸史論』等がある。昭和23年(1948)歿。69才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高須梅渓 たかす-ばいけい

1880-1948 明治-昭和時代の評論家。
明治13年4月13日生まれ。31年上京して「新声」の編集にくわわり文芸時評で活躍,また「国民新聞」「東京毎日新聞」「二六新報」などの記者をつとめる。のち明治文学史,水戸学の研究に専念した。昭和23年2月2日死去。69歳。大阪出身。早大卒。本名は芳次郎。著作に「平家の人々」「近代文芸史論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高須梅渓の関連キーワード高須 芳次郎昭和時代美文新潮

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高須梅渓の関連情報