鬘桶(読み)カズラオケ

デジタル大辞泉の解説

かずら‐おけ〔かづらをけ〕【××桶】

能や狂言小道具で、高さ約45センチ、直径約30センチの黒漆塗り蒔絵(まきえ)の円筒形の桶。本来は腰掛けとして使い、歌舞伎でも流用する。腰桶。かつらおけ。

かつら‐おけ〔‐をけ〕【××桶】

かずらおけ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かずらおけ【鬘桶】

能・狂言などで床几しようぎ・腰掛けなどに用いる、黒漆塗りの円筒形で蓋ふたつきの桶。狂言ではこの蓋を酒杯に用いる。腰桶。鼓桶つづみおけ

かつらおけ【鬘桶】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android