鬼桫欏(読み)オニヘゴ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鬼桫欏 (オニヘゴ)

植物。ヘゴ科の常緑木本。ヘゴの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おに‐へご【鬼桫欏】

〘名〙 シダ類ヘゴ科の低木。沖縄から奄美大島の湿度の高い林中に野生する。幹は一メートルくらいになり、先端から四方に羽状に分かれた葉をひろげる。
※浄瑠璃・前太平記古跡鑑(1774)三「此方は毛だらけ向ふ脚(ずね)、牡丹の際に鬼へごを並べて植し如く也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android