コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼頭少山 きとう しょうざん

1件 の用語解説(鬼頭少山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鬼頭少山 きとう-しょうざん

1822-1896 幕末の武士。
文政5年生まれ。越後(えちご)(新潟県)長岡藩校崇徳館の助教。慶応4年戊辰(ぼしん)戦争の際,家老河井継之助(つぐのすけ)に信任されて武器弾薬を調達する。敗戦後は会津(あいづ),仙台とのがれ,のち帰郷して子弟の教育にあたった。明治29年3月17日死去。75歳。名は正路。幼名は房五郎,のち平四郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鬼頭少山の関連キーワード今井栄(1)上原太内片見小次郎河原均荘原半哉大胡聿蔵武田彦衛門乃美織江橋本藤一不破美作

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone