コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼頭少山 きとう しょうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鬼頭少山 きとう-しょうざん

1822-1896 幕末の武士。
文政5年生まれ。越後(えちご)(新潟県)長岡藩校崇徳館の助教。慶応4年戊辰(ぼしん)戦争の際,家老河井継之助(つぐのすけ)に信任されて武器弾薬を調達する。敗戦後は会津(あいづ),仙台とのがれ,のち帰郷して子弟の教育にあたった。明治29年3月17日死去。75歳。名は正路幼名は房五郎,のち平四郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鬼頭少山の関連キーワード鬼頭悌二郎