コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魔法使いの弟子

2件 の用語解説(魔法使いの弟子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

魔法使いの弟子

フランスの作曲家ポールデュカスの交響詩(1897)。原題《L'apprenti sorcier》。ゲーテの同名のバラードに基づいて作曲された。デュカスの代表作の一つ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

魔法使いの弟子
まほうつかいのでし
L'Apprenti sorcier

フランスの作曲家デュカースの交響詩。ゲーテの同名のバラードに基づいたスケルツォ風の管弦楽曲で、1896年作曲、翌年パリ初演。デュカースの出世作であると同時に、彼の代表作として広く親しまれている。ゲーテの原作の大意は次のとおり。ある日、魔法使いの師匠が外出した留守に、その弟子は見よう見まねで箒(ほうき)に魔法をかけ、水くみの仕事をさせる。箒は働き始め、弟子は得意になるが、この魔法を解く呪文(じゅもん)を知らなかったため家中がくみ上げた水で大洪水となる。そこへ師匠が帰宅し、呪文を唱えると、水はみるみるうちに引いていく。デュカースは巧みな管弦楽法と生き生きとしたリズムで、この風刺に満ちたバラードを洒脱(しゃだつ)にまとめ上げている。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

魔法使いの弟子の関連キーワードデュカースボアエルデューエン・サガオンファールの糸車セヴェンヌ交響曲野ばとフランスの山人の歌による交響曲真昼の魔女水の精デュカス(デュカ)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

魔法使いの弟子の関連情報