コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魔法使いの弟子

2件 の用語解説(魔法使いの弟子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

魔法使いの弟子

フランスの作曲家ポールデュカスの交響詩(1897)。原題《L'apprenti sorcier》。ゲーテの同名のバラードに基づいて作曲された。デュカスの代表作の一つ。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

魔法使いの弟子
まほうつかいのでし
L'Apprenti sorcier

フランスの作曲家デュカースの交響詩。ゲーテの同名のバラードに基づいたスケルツォ風の管弦楽曲で、1896年作曲、翌年パリ初演。デュカースの出世作であると同時に、彼の代表作として広く親しまれている。ゲーテの原作の大意は次のとおり。ある日、魔法使いの師匠が外出した留守に、その弟子は見よう見まねで箒(ほうき)に魔法をかけ、水くみの仕事をさせる。箒は働き始め、弟子は得意になるが、この魔法を解く呪文(じゅもん)を知らなかったため家中がくみ上げた水で大洪水となる。そこへ師匠が帰宅し、呪文を唱えると、水はみるみるうちに引いていく。デュカースは巧みな管弦楽法と生き生きとしたリズムで、この風刺に満ちたバラードを洒脱(しゃだつ)にまとめ上げている。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

魔法使いの弟子の関連情報